自分にしかわからない口臭

自分ではくさいと思っているのに他人にはわからない口臭

他人を不快にするような口臭がないのに自分ではあると思い込み悩んでいる人。自臭症の人です。

 

歯医者で診てもらっても虫歯もないし異常がないと言われる。家族に聞いてもくさくないと言われる。でも自分ではくさいのではないかという不安が消えない。

 

その結果、引きこもりになってしまう人もいます。

 

きっかけは鼻をすする他人のしぐさだったり、顔をそむけられたことだったり。几帳面な人や潔癖症の人、完璧主義の人がなりやすいと言われます。まるで私みたい。

 

でも私は他臭症なんです。他人にはっきりくさいとわかるし自分でもくさいとわかる。

 

最初に口臭を指摘されてから30年以上たち、つらい思い悲しい思いをたくさんしながらそれでも生きてきました。

 

その間口臭のある人に出会ったのはたったの2人。30年以上で2人ですよ。

 

引きこもっていたわけではありません。いくつもの会社を渡り歩いてきたので、一つの会社で例えば事務職で長年働いている人よりはたくさんの人と出会ってきました。

 

自臭症の人、あなたはあなたが思っているほどにおっていないのは確かです。あなたもつらい思いをしているでしょうが他臭症の人よりましではないかと。

 

自分でくさいと思っているだけで実際には口臭はないのだから。

 

でも自分は確かに口臭があると思うなら、気にしすぎていて人と話すときとか緊張して、それで唾液が減り一時的に口臭が発生しているのではないでしょうか?

 

気にすれば気にするほど緊張時口臭が発生します。歯科で口臭を調べてもらってにおわないと言われても信じられない人は、口臭外来で
徹底的に調べてもらったらどうでしょうか?

 

口臭外来は他臭症の人より自臭症の人のほうが多く来るようです。機械だけでなく人の鼻で直接臭いをかいで測定してくれます。口臭に関わる体質改善も行ってくれるようです。

 

《口臭》誰にも言えずに悩んでいませんか?バイオクリニックにご相談ください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの口臭予防

自己紹介