口臭への人の反応

歯周病で口臭が起きる

口臭の原因となる歯周病。口臭のほか、歯磨きの時に出血したり、歯肉が赤かったり食べものが歯の間に挟まるようだったら歯周病になっています。

 

歯周病は進行すると歯を支える骨が溶けて抜歯しなければならなくなります。

 

歯周病を避けるには毎日きちんと歯を磨くことです。歯の表面や歯と歯の間、歯と歯肉の境をしっかり磨きましょう。

 

ちゃんと磨けているかわからないときは、歯医者で歯磨きのやり方を教わるのがいいでしょう。 

 

歯についた歯垢をきちんと取り除かないと、歯石になって歯磨きでは取れなくなり歯周病へと進行します。ですから定期的に歯医者で自分では取れない歯石を取ってもらうのが大切です。

 

合っていない義歯も歯周病を進行させるので、新しく作り直してもらうといいでしょう。

 

喫煙やストレスも歯周病を悪化させます。

 

また、甘いものや柔らかいものは歯につきやすく、歯垢になりやすいので食生活にも気を付ける必要があります。

 

歯周病は初期の段階では自覚症状があまりありません。しかも30代の約8割が歯周病になっていると言われます。自分では歯は大丈夫だと思っていても定期的に歯医者で診てもらいましょう。

 

良い歯医者の見分け方はこちら

 

歯周病や口臭の改善に効果があるのがなた豆茶です。なた豆は古くから膿だし豆として漢方薬などに利用されています。

 

歯周病の治療で歯医者に行きたくても忙しくてなかなか行けないという人は、試してみるのもいいと思います。

 

私もなたまめ茶を取り寄せて飲んでみました。

 

なたまめ茶の体験談はこちらです。

 

なたまめ茶

おすすめの口臭予防

自己紹介