口臭への人の反応

女性の生理、更年期の口臭

更年期になるといろいろな症状が出ますが、その一つが口臭です。

 

更年期には女性ホルモンが減少し唾液の分泌量に影響を与えます。つまり唾液が減少し口の中が乾燥するドライマウスになりやすくなります。

 

また、加齢とともに体内の水分量が減少することによっても唾液が減ります。浄化作用のある唾液が減ると細菌が増え、口臭につながるのです。

 

生理前後はホルモンのバランスが乱れ、自律神経も乱れて唾液の分泌量が減少します。

 

そのうえ、口臭の原因物質である揮発性硫黄化合物が増加することもあり、よけいに口臭が強くなるのです。

 

ですから生理の時にはいつも以上に口内を清潔にし、よくかんで食べるなど唾液の分泌を促しましょう。

 

ダイエットで朝食抜きにする人もいますが、朝食を食べないと寝ている間の唾液が減ったままの状態が続き、余計に口の中が乾燥してしまいます。

 

寝ている間は唾液の分泌が抑えられ細菌が増殖し、朝起きた時の口臭が一番強くなります。

 

寝る前に丁寧に歯を磨いて細菌をなるべく減らしておくことが大切です。そして、朝起きたらすぐ歯を磨いて口内の細菌を洗い流しましょう。

 

 

おすすめの口臭予防

自己紹介