口臭への人の反応

しゃべり始めが臭い時の原因は

しゃべり始めが臭いのは口臭を気にして口をしっかり閉じていると、舌の動きも完全に止まってしまい唾液が抑制されて、口の中にたまった生理的なガスが最も臭くなった状態で、話し始めに放出されるからです。

 

緊張や不安をいつも感じていると唾液が抑制され口臭も強くなるので、心を平穏に保つことが大切ですが、難しい人もいるでしょう。

 

そこで口臭の起こりにくい状態の口を作ればいいのです。それはかすかに微笑んでいる状態です。口は開いているようで閉じているようにします。そして絶えず舌をわずかに動かし続けます。

 

こうすることで唾液が出続け、話し始めの息が臭いということはなくなります。

 

さらにいいのは無糖のガムをかんで球体にして口の中で転がし続けるのです。そうすると口呼吸を防げ、唾液が出続けるので口の中が渇いて口臭が起こることはなくなります。

 

ガムを含んでいると人にわからないようにしゃべることもできます。そして適度に水分を補給することも大切です。

 

 

 

 

おすすめの口臭予防

自己紹介