口臭への人の反応

口臭の原因は主に口の中にあります

ニンニクなどのにおいの強い食べ物を食べた後は体の中からもにおいがするので、歯を磨いただけではにおいが取れないのはみんな経験があると思います。

 

これは時間がたてばにおいは消えますが、それ以外で一生懸命歯を磨いていても口がにおうのは舌が原因のことがあります。舌に白い苔が厚くついていると口臭につながります。

 

舌に食べ物のかすや細菌などがついて揮発性硫黄化合物というものが発生し、嫌な臭いになります。歯周病や虫歯でも口臭は発生しますが、舌の苔(舌苔)が口臭の原因の6割を占めます。

 

舌苔が厚い人はティッシュにでもこすり取ってにおいを嗅いでみると臭いはずです。

 

舌苔が厚くなるのは唾液の分泌が少なかったり、風邪などで免疫力が低下していたり、口呼吸や喫煙、ストレス、睡眠不足、内臓疾患などが原因となっています。

 

舌苔がにおいの元なら舌苔を取ればいいのかと思われるかもしれません。ティッシュやガーゼで一生懸命こすり取ったら、その時はすっきりして臭いはなくなります。

 

しかし、舌苔はまたつきます。だからと言って間違っても歯ブラシでごしごしこすり取ってはいけません。舌が傷つき、よけいに舌苔ができやすくなるからです。

 

舌苔をつきにくくするには、食べ物を食べたりジュースを飲んだりした後は、水を少し含んで舌を口の天井にこすりつけて舌の汚れを取ります。においが取れるまで数回繰り返してください。食後のたびに行うと過剰に舌苔はつかなくなります。

 

カレーを食べると舌が黄色くなりますよね。舌に食べ物の味が残るので舌をきれいにするのが大切なのです。

 

また、口臭を抑えるために唾液をたくさん出すことが重要なので、水分を十分に補給しよくかんで食べることです。柔らかいものばかり食べているとかむ回数が少ないので唾液もあまり出ません。

 

これまでよくかんでいなかったという人は一口30回くらいゆっくり数えながら食べるのもいいでしょう。最初のうちはあごが疲れるはずです。

 

水分補給には水が最適です。緑茶は食後の口臭を抑えますが、唾液を抑制するので、飲みすぎには注意が必要です。

 

外出中などで即座に口臭を抑えたい場合、扇雀飴本舗のはちみつ100%のキャンディーがおすすめです。はちみつには舌苔を取る効果があります。スーパーや薬局で売られています。私の場合、なめ続けていたら完全に舌苔が取れたということはありませんでしたが、緊急時には便利です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの口臭予防

自己紹介